腰痛 科学や医学が発達しているのに腰痛で悩んでいる人がいる事実。整形外科・接骨院・鍼灸・あんま・マッサージ・整体・カイロプラクティック。「腰痛解放戦線」手術もせず、薬もシップも機械も使わず、お金もかけない「21世紀の最新の欧米情報」とは

腰痛対策 早期治療・対策

腰痛対策に一番大切なのは、早期発見・早期治療である。椎間板ヘルニアのような症状になる前に、正当な腰痛対策をするべきである。ひどい腰痛で逃げ場がなくなる理由をから書きたい。

実は通常の人間の身体はいろいろな逃げ場というものがある。人間の身体は頭から足先までらせん状に連動している。通常の健康を保っている人は、しなやかな筋肉や靱帯、関節を持っているため多少の引っ掛かりなどは吸収してしまう能力を持っている。ちなみに健康体の人でも誰しも骨や筋肉の出っ張りはある。上記のように身体が全て吸収しているため気づかないだけなのである。

誰もが通常は逃げ場を持っているのだが、疲労の蓄積により血行不足、そして発痛物質が溜まることによる筋肉の衰え、これらを放置しておくことで筋肉が硬くなり、関節の稼動域が悪くなる。身体にあるはずのしなやかさがなくなり、逃げ場がつくれなくなり、最終的には擦れた部分が炎症を起こし腰痛が悪化してしまうのである。

つまり、誰しもひどい腰痛になってしまうということだ。毎日のケアの大切である。このような状態になってから腰痛対策に力を入れはじめても遅い。日々の腰痛対策を心がけてたい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。