腰痛 科学や医学が発達しているのに腰痛で悩んでいる人がいる事実。整形外科・接骨院・鍼灸・あんま・マッサージ・整体・カイロプラクティック。「腰痛解放戦線」手術もせず、薬もシップも機械も使わず、お金もかけない「21世紀の最新の欧米情報」とは

腰痛対策 疲労

腰痛対策は様々あるが、一般的に知れ渡っている間違っていることが多い。その腰痛対策に対する間違った情報を正すためにも、ここで腰痛理論を公開したいと思う。腰痛対策に近道はないが、基本的には自然治癒力に委ねることが長期間の安静状態を維持することが出来る。安易に道具やテクニックに頼るのは危険である。腰痛とは何かを知ることから始めることが大切である。
腰痛は日々変化している。
変化とはことが原因ではじまった腰痛が構造的な腰痛にたとえである。この腰痛の変化の過程を腰痛対策に生かしていただきたいと思う。
腰痛対策を考える上で大切な概念となる『疲労』。
疲労すると血行が悪くなり、『疲労物質』が溜まる。自分自身でケアをしていけば問題はない。生理作用が機能している証拠であり、身体が休みたいから疲労を感じると考えたほうが自然である。
腰痛対策は『疲労』を感じたときに、ケアできるかが大切である。
この時点で腰痛対策を適切な腰痛対策をおこなっていれば、腰痛を感じることもなく、またぎっくり腰などのひどい腰痛に進化することもない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。